FC2ブログ
月兎の備忘録 ホーム » スポンサー広告 » ま行 »ダークな乙女ゲーム世界で命を狙われてます〈3〉

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ダークな乙女ゲーム世界で命を狙われてます〈3〉  

ダークな乙女ゲーム世界で命を狙われてます〈3〉
夢月 なぞる
アルファポリス
売り上げランキング: 131,307

吸血鬼が登場するダークな乙女ゲームの世界に脇役として転生した環。
今度は呪いの武器に取り憑かれ、さらには強制参加の夏合宿でまた誘拐されてしまい…
次々と立つ死亡フラグに戦々恐々とする環は無事生き残ることができるのか!?
学園ダークファンタジー第3巻。



早くもエンディングの時期なのかんと本気で信じてしまいそうになった。
乙女ゲーってストーリー内の期間短いものもあるからな。
本当に何事もなくそこまできて、そこからなお続くのかと…

鬼斬丸イベントがなんか王道だけど主人公が心底嫌そうなのが気の毒。
これで身を守るすべができたと思えばと思う一方でこんなの持ってるのが吸血鬼サイドにばれてもやっかいなのでは?とも思う。
ハンターが狩っているのは本物の吸血鬼ではないと言っても、環は一般人のはずだしな。

あれ? 主人公にもわけありの過去あったっけ?
紅原が主人公のこと忘れたのはショックだけど、それより気になった。
主人公の転生前の記憶が最初からあれば、子供の頃の辛い思い出はもう少し和らいだかもしれないのに…うーんでもそれはそれで新しい家族と馴染むのに支障があるか。

桃李先生、結構好みだったので美味しい展開。
基本いい人だし、思ったほど頭固くないしね。
環の桃李の恋愛イベント絡みのつっこみも楽しい。
おいおい、環ってば他の人物を避けるあまりに桃李先生とのフラグを立ててないか?

猫が恐いヒロインは珍しいな。
理由からして仕方なさそうだけど。

これは紅原ルートで確定かな。
他のメンバーとのイベントもよかったけど、主人公の気持ち的に。
会長VS紅原のオチには笑ってしまった。
真田さん好きだな。
そして40以上の男性が好きなのも共感してしまう。
年上とか歳の差っていいよね。
スポンサーサイト

category: ま行

thread: 乙女系ライトノベル

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukiyogarasu.blog80.fc2.com/tb.php/850-9c9281c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カテゴリー

トラックバックピープル

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。